« お知らせ | トップページ | ルードルフ・フォン・ラバン Rudolf von Laban に関する資料 »

2010年8月20日 (金)

Play That Funky Music―― by Wild Cherry

1

2010年8月20日 同じ美意識を持つ方が亡くなられるのは、寂しいものです。ある時期、「WILD CHERRY さん死去」という検索数がかなり集中し、驚いて調べた結果、亡くなられたことが分かりました。書きたいことが多すぎて、今は、まだ言葉になりません。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

2008年6月30日

スーパーチャンプル』を数回見ただけで、こう言うのもおこがましいことですが、DA PUMPKENくん以外で最も印象に残っているのは、ブガルー・スタイルをメインで素晴らしく踊っていた WILD CHERRY ワイルド・チェリーというプロ・ダンサーです。この人も身体がスクウェアであり、どの「ヒット hit」の瞬間を写真で撮ってもピシッと決まる感じがして、非常に小気味良く見えました。「ん?ワイルド・チェリーって、何となく聞いたことのある名前だけど、なぜかしら?」としばらく考えた結果、ようやく思い出しました。『Play That Funky Music プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック』という、ご機嫌な曲を演奏している白人グループの名前でした。ジェームス・ブラウンも顔負け、と思えるほど黒っぽく、「これぞ、まさにファンキー」という感じのする名曲を演奏しているのが、黒人バンドではなく白人バンドであると知った時、「黒人よりもクールである[≒かっこいい]」ことにひどく驚いたものです。自分に同じ名前をつけている日本人の彼も、ワイルド・チェリーというバンドの「美学」のようなものに共感して、ご自分と重ね合わせていらっしゃることと推測しました。まあ、そんなこととは関係ないとしても、「関西の大御所」と言われていることが非常に納得出来る、素晴らしい踊りでした。

また、ロッキング・ダンスを踊っていたMajestic-5 マジェスティク・ファイヴというグループのおにいさま(?)たちも、懐かしい感じがして大好きです。

彼らが出演してくれた4月23日の深夜には、1960年代から今日までの踊りを歴史を紹介していました。結構アバウトな私は当時、自分たちの踊っているものを全てまとめて「ファンキー funky」と呼び、それ以前の「ソウル・ダンス」が進化したという程度にしか認識していなかったのですが、もっと細かく分かれていることを知りました。『DANCE DELIGHT』という、ストリート・ダンスの雑誌(フリー・ペイパー)を参考にしながら列挙してみると、「ロッキング locking[≒身体に鍵をかける]」、「ポッピング popping [≒身体をはじく]」、「パンキング punking [≒身体を鞭打つ]などに分けられるようです。また、「ポッピング」は、「ブガルー・スタイル」と「アニメーション animation」に分けられることも知りました。我々が当時「ロボット robot」と呼んでいたものは、何と呼ばれているのかしら?

|

« お知らせ | トップページ | ルードルフ・フォン・ラバン Rudolf von Laban に関する資料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Play That Funky Music―― by Wild Cherry:

» 最小表面積球形 [最小表面積球形の詳細★]
人気の最小表面積球形を特集中です [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 20:04

« お知らせ | トップページ | ルードルフ・フォン・ラバン Rudolf von Laban に関する資料 »